Feliz ano novo@Copacabana



遅くなりましたが、皆さま、明けましておめでとうございます。
Feliz ano novo!!
みなみです。



実は実家以外で年越しをするのは初めてでして。それがまさかのリオっていう。
有名なコパカバーナの年越しに行ってきました!




コパカバーナの年越しといえば花火。それから海岸や道を埋めつくす人、人、人!


身動きとれないほど混むっていう前評判を聞いていたのでね、念には念をと思って15時ごろにはコパカバーナ入りしました(笑)


ちなみにわたしはバスで行きましたが、メトロを使う場合は、この日だけ時間指定制のチケット(某日本最大のテーマパークのファストパスのようなもの)になるので事前購入が必要です、ご注意。




リオでは年越しのときに、新年の平和を祈って白い服を着るという伝統がありまして(金運を願って黄色を着る人もいます)。それに倣ってしっかり上下白で固めていくと…さすがにまだ早すぎたみたいで、白い人周りに全然いなくて。すごく気合い入ってる人みたいになって恥ずかしかったです(笑)
でももうビーチ沿いの道は早々にホコ天になってました。



暑いのでジェラート屋さんで時間を潰して、その後ビーチに移動しキオスキ(ビーチ沿いにある屋台?海の家的なやつ?)で海を眺めながらビールを。






予想とは裏腹に、23時をすぎても全然道が混まなくて。人はたくさんいるけど余裕で移動できますわ、みたいな。





まぁ、アーティストのライブのあるステージからはかなり離れたところにいたし、わたしは初めてだったんで、そんなものなのかぁと思ってたんですけど、後から現地在住の方に聞くと今年は例年よりめちゃくちゃ少なかった!と。


なぜかというと、理由の一つにあるのは年明けの花火の規模縮小。リオ市にお金がなく、例年よりも花火の量を減らしたそうです。


そのためか、かなりゆったりと迎えることができた年越し。
カウントダウンはやっぱり超ざっくりしており、そろそろかな?おお?っていう雰囲気になったと思ったらいきなり花火が上がって年が明けました(笑)


でもやっぱり、すごく感動しました!




花火が上がり始めた瞬間みんなFeliz ano novo!!とかフゥ〜♪とか叫んでとにかく盛り上がる!
「年明けたぜぇ〜ぃ!!!」ってかんじ。


次々と打ち上がる花火。規模縮小したとはいえ相当な量で、わたしは大満足でしたよ。空の広い範囲を使ってやってるのがすごく迫力あって。クライマックスでは絶え間なく上がりすぎて、すぐ近くででっかい和太鼓連打してるような振動が体に伝わりました。






たっくさんの花火と、盛り上がってる人々を見てると、あぁ、こりゃ今年1年縁起の良い年になるって気になるわ、と。




お洒落にシャンパンで新年祝い。
日本の年越しとは全く違うけれど、こんな年越しもいいですね。楽しかった!!



さて、気になる帰路の情報を書きますね。

花火が終わった後すぐは、もう半端なく混みます。1時でもまだまだいます。なので2時ぐらいまでビールでも飲んで待ったほうがいいです。それかもう朝方まで楽しむか(この人も結構います)。


ビーチに近い道は数本先までホコ天状態になっているのでほとんどタクシーは通りません。
メトロは帰る人たちの群れでごっちゃごちゃになるので、帰りはあまりメトロお薦めしません…

わたしはタクシーを拾おうと、ずーっと探して歩いて、結果イパネマまでたどり着きました(笑)
1時半ぐらいから歩き始めて、結局タクシーで家に帰り着いたのは3時前だったかな。帰ったとき幸せな疲労に襲われました。




というわけで、こうして無事に年が明けました。
今年もよろしくお願いいたします!




カーニバルまであと2か月弱。




みなみ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA