ブラジル留学記〜アリさんの丘へ〜




この時期恒例(?)の「お餅を喉に詰まらせて死亡」のニュースを見て、お餅食べたすぎて喉が詰まりそうなみなみです。




昨日、急にMangueirinhaから連絡が来まして、
「Imperio da Tijucaに行かないか!」と。

実は前にも一度ちらっと行く話は出ていたものの、なかなか機会がなかったので、二つ返事で同行することに。



ちなみに、Imperio da Tijucaについて説明しておくと、日本で一般に「Tijuca」と呼ばれてるUnidos da Tijucaとは違うエスコーラですよ。
現在はGrupo Aにいて、クアドラがあるのはTijuca地区のMorro da Formiga。Formigaとは「蟻(あり)」のことです。

Vila Isabelはおサルさんの丘、Imperio da Tijucaはアリさんの丘なんですね。かわいい。



ただこのクアドラが、大通りにあるVilaとは違って、丘を登っていく途中にあるので、1人で行くにはちょっと、ハードルが高くて。


手前のバス停でMangueirinhaと待ち合わせて行きました。



「Morroの中でも友だちのMorroとそうじゃないMorroがあって、このMorro da FormigaはウチのMorro dos Macacosとは友だちじゃないから、VilaのTシャツとか着てくるのは(エスコーラ的には問題ないけど麻薬組織の連中にとっては)あんまりよくないんだよ」なんて話を聞きながら坂を登り。


無事にクアドラに到着。

驚いたのは、私たちが着いたのが練習開始予定時刻の30分後だったのに、もう練習が始まっていたこと!(いや、それが正しいんですけどね、ほんとは。Vilaは20時開始予定でも始まるの21時すぎですからね)


Mangueirinhaの友だちのジレトールと挨拶をすると、3人でおもむろに楽器庫へ。床がなぜか人工芝になっている楽器庫で、14インチのカイシャを渡され、なんといきなり練習に参加させてもらえることに!

見に行くだけだと思っていたのに、まさか演奏させてもらえるとは、しかもまさかのカイシャとは(笑)
恐れ多くてキョドキョドしてると、Mangueirinhaが「早く叩け、叩け!」と(笑)

せっかくのチャンスなので、頑張って叩きました。Vilaよりもテンポがゆっくりだったのでなんとか食らいつけましたが、やっぱり後半になるともう手が追いつかない。

カイシャももっと練習しないとな。悔しい。



けれど、終わった後にジレトールが「また来なさい」と言ってくれました。

うぅ、嬉しい。

もちろん、また行きますとも。
連れて行ってくれたMangueirinhaに感謝です。





あー、怖気づいてカメラ持っていかなかったの、もったいなかったな。次こそ。





みなみ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA