ブラジル留学記〜ブラジルで妖怪体操〜



ブラジルのタピオカ(クレープみたいにして食べます)は日本で絶対売れると思う、みなみです。





前にブラジル
で有名なアニメについての記事で、ブラジルのちびっ子が妖怪ウォッチを知ってるってちらっと書きましたが、その話を。




わたしの語学学校は現地の貧しい子たちへの教育支援もやってまして。


結構前の話ですが、ある日、授業を終えて帰ろうとすると、その支援を受けてる女の子たちが学校の前にわさわさといて。わたしの顔を見た途端「あっ」という顔をして駆け寄ってきて、あっという間に取り囲まれてしまいました。



「ねぇ、日本人でしょう!日本語しゃべって!!」
と口々に言われ、
「こ、こんにちは…?」
と返すと
「それ知ってる〜〜!」
とにっこり。


「名前は!?」
「みなみ」
と言うと
「(発音が)Minha amigaに似てる〜〜!」
とにっこり。



と、間髪入れずに急にみんなで踊りだして。
今度はなんだ!?と思ったら、なんと「妖怪体操第一」。
知ってるの!?と感心して、彼女らの踊りに合わせて歌ってあげると(歌詞うろ覚え)、大喜び!



どうやらネットで妖怪ウォッチを知ったみたいで。ブラジルの子どもたちにも人気なのか…



恐るべし妖怪ウォッチ。
恐るべしネット社会。



彼女たち、妖怪体操第一を歌えるわたしに心を許したのか、他にも
「日本の文房具がほしい!丈夫なんでしょ?」
「食べ物が作れる日本のおもちゃがほしい!」
と口々におねだりしてきて。
その様子を見ながら感じるものがありました。

日本の今どきのちびっこたちは、何を欲しがるのだろう。スマートフォン?タブレット?セグウェイ?(絶対ちがう)

そんなことが頭をよぎり、目の前の彼女らのことがたまらなく愛おしく思えて。次もしブラジルに戻って来られたら日本の文房具を買ってくるよ、と約束したのでした。




最近も、学校で会うと「Minhami!」とか「Miami!」とか話しかけてくれます。




うーん、かわいいけど、そろそろ名前覚えてほしいな(笑)





みなみ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA