ブラジル留学記〜無期限活動停止〜



昨夜はやけ食いしてしまいました、みなみです。



3日前ちゃんとVilaのメンバーになり、一昨日新しいショカーリョが届き。


昨日初めてメンバーとして振れる…とわくわくしながらエンサイオに行く準備をしていた矢先、ヂレトールからとんでもない知らせが。




エンサイオの中止。
はたまた、Vila Isabel全体の無期限活動停止。




詳しいことはこちらに書いてあります(ポルトガル語ですが)。


要は、お金がない、と。
このままじゃ来年のカーニバル出られないよ、と。






この知らせを受けたときはもうびっくりして。
せっかくここまで頑張ってやってきたのにと、ほんとに、やりきれない思いでいっぱいで。
涙まで出て、結構な精神状態だったんですが(笑)


QSVCのメンバーやホストマザー、Vilaのメンバーから
「今までもこういうことあったけど、カーニバル出られないなんてことはまずないから。そのうち絶対なんとかするから、大丈夫。」
と聞いて、やっとちょっと安心しました。




もしもなんとかできなかったら…という不安は残るけれど、わたしにできることはただ祈って待つのみ。
その間に感覚が鈍らないよう、精進するのみ。




それにしても今週は、月曜日にPortelaのプレジデンチが殺害され、火曜日にSão Clementeがクアドラを失い、そしてVilaのこの事件と、大変な1週間でした。何なんでしょうね、一体…





早く、解決しますように。
またあのクアドラで演奏できますように。





みなみ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA