ブラジル留学記〜世界に一つだけの…〜


ちかこさんが摩周さんのことを「相方」と呼ぶのがなんか好きです、みなみです。




急ですが、わたしの新しい相方を紹介します。




周りに振り回されやすいけど、芯があって。

いつもみんなの盛り上げ役で、1人じゃそんなに輝けないけど大勢の中で良さを発揮する、そんな存在です。




そう、注文していたショカーリョが届きました!!笑



ついに!わたしのNewショカーリョ!



これまでVilaのエンサイオで使ってたショカーリョは、Suelyというメンバー(優しくて頼りになるお母さん肌)から貸してもらっていたもので、まだ自分のは持ってなかったんですよね、実は。


日本で使ってたものはボロボロだし持ってくるの大変だし、せっかくだからブラジルで買おうと前から思っていて。

で、やっとエンサイオにも行けるようになったし、毎回Suelyに持ってきてもらうのも申し訳ないので、今こそ買おうと。


ショカーリョヂレトールのTitoに聞いたところ、Ivsomの木製のやつで、とのご指定。


しかし、わたしが行ける範囲の楽器屋さんにはIvsom製が無いようで。

そこで、Ivsomの工場(Mocidade Independenteの本拠地、Padre Miguelにあります)に直接コンタクトをとって、郵便で送ってもらうことに成功!



ほんとはちょっと、工場行ってみたかった(笑)
摩周さんのブログで見て興味があったんだけど…まぁ、いかんせん遠い。で、危ない。


ので、今回はパス。




そんなわけで、届いたショカーリョがこちら!



色が自分で選べるとのことでチョイスしたazul e branco(Vilaカラーを目指したらPortelaに近くなっちゃったけど笑)。


そして、念願のケースも。
ショカーリョって持ち運ぶのが何気にストレスで。
場所はとらないし重くないけど、なんせうるさい。日本ではお手製の袋で持ち運んでたんですが、ちょっとの振動でシャラシャラ鳴るから、周りの人からの怪しげな視線がすごくて。

このケースに入れてれば楽器って思ってくれる!!笑




さらになんと、ふつう社名のステッカーが貼ってあるところには名前入りのプレートが!


まさに世界に一つだけのショカーリョ…!
わたしだけの…!
追加料金無しでここまでしてくれるなんて…!




さて、気になるお値段ですが…



ケース・送料込みで、驚きの、
6,000円以下




いや、まじで驚き。



いいのかIvsom。



日本で買った値段がアホらしくなっちゃうこの安さ。さすが本場。






てなわけで、今日はこの新しい相方と一緒にエンサイオに行ってきます。
わくわく!!




みなみ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA