ブラジル留学記〜今週のエンサイオ事情〜



最近服を買おうとお店を見ても青いものばかり手にとってしまう、みなみです。




今週水曜日は、CD録音参加メンバーのみのエンサイオだったのでわたしは行かず。

昨日が2017年のエンヘードが決まってちょうど1週間、全体エンサイオの日でした!



先週のショカーリョケース紛失事件から学習し、ケースに何か目印をつけようと持ってるものを探し回った結果、こうなりました。


わたしが留学に来るときに、QSVCメンバーのぴーこが作ってくれたミサンガ。Vilaカラーなのはもちろん、"Sou da Vila"の文字まで入っているんです!
なんか、結び方がいまいち…だけど、とりあえず。ぴーこありがとう。





さて、20時すぎにクアドラに着くと、ステージ上では大物中心に30人ぐらいで新しいキメの確認をしていました。
他のショカーリョメンバーは誰もまだ来てなかったので、ひたすら見て、聴いて、他の楽器がやってることを耳に染みこませていました。ショカーリョが何していいかわからなかっただけなんですけど(笑)


メンバーが揃ってきて、21時前ぐらいには司会(?)みたいな人が話し始め、バテリア以外の人たちがステージ下に集合し、新エンヘードの大合唱が始まりました。

(新エンヘードの音源はこちら)


ステージ上にはしっかりIgor Sorrisoの姿が。
いやはや、わかりきったことなんですけど、ほんと歌上手いんですよね!声の伸びというか、何度聴いても惚れ惚れしちゃう。



弦ものの伴奏で何周か歌った後、バテリアも入ってキメも入れつつずーっと繰り返し。
CD録音を想定してのことなのか、途中曲入りの演出の練習もしました。

キメの時に何していいのかわからないショカーリョたち、試行錯誤していると結局大物ヂレトールのJuanが助け舟を出してくれました(笑)

新しいキメは3つほどありましたが、わたしは最初に耳に染み込ませる努力をしていたので、ショカーリョのリズムも比較的すんなり入ってきました。
やっぱり早めに着くと良いことある。待ち時間は長くなるけど、いるだけで得るものが多いです。



金曜日はいつも2時や3時に終わっていたのでまた遅いかと思いきや、まさかの23時前に終了。クアドラの前でバスに乗ると、近くの飲み屋にメンバーたちがちらほら溜まっているのを窓越しに見かけました。わたしも家が近ければ混ぜてもらうのになぁ…



最後に、昨日のショカーリョメンバー(帰っちゃった人もいますが)。


今回は写真全然撮らなかったので、次は撮れたらいいな。




みなみ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA